×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
孝順寺  こうじゅんじ  2011/07/23   新潟県阿賀野市保田4626-1  焼栗山(しょうりつざん)孝順寺。浄土真宗。真宗大谷派。越後七不思議の一つに数えられる「保田の三度栗」がある。本堂と境内の敷地は、越後の豪農斉藤家の本邸。入り口。入り口は、普通のお寺とちょっと雰囲気が違う。もともとは、お寺でなかったためと思われる。



























「幾山河」 私がここまでくるには目に見えぬ案内人がいた  目に見えぬ案内人がいた  榎本栄一詩集  「煩悩林」より











保田の三度栗は「親鸞聖人がこの地へ布教へ訪れた際、上人をもてなす為 信者が焼栗を差し上げた。聖人は「わが教えが真ならば栗芽生え、年に三度実がなる。」と言って、 焼いた栗を植えたところ、言葉通り、栗が実ったという。  お寺のかたに、いろいろと説明をいただきました。お礼申し上げます。数珠をもたずに阿弥陀仏様を拝むのはよくないことといわれました。数珠をもって合掌です。気をつけたいと思います。