居多ケ浜  こたがはま  2011/07/21 新潟県上越市五智6-3-4  親鸞聖人上陸の地。1207年、春の初め、親鸞聖人は、念仏停止(ちょうじ)により、越後国府へ流罪となる。居多ケ浜へ上陸した。親鸞聖人は、35歳から42歳までの7年間を、国府で過ごした。



もしわれ配所におもむかずは 何によりてか辺鄙の群類を化せん これ猶師教の恩致なり  真宗大谷派門首 釋浄如



見真堂

居多ヶ浜に上陸した親鸞聖人は、越後一の宮、居多神社を参拝した。「すえ遠く法(のり)をまもらせ居多の神、弥陀と衆生のあらむ限りは」と詠み、神前に祈願した。









居多ケ浜記念堂。記念堂の中には、親切なおばあさんに、お茶の接待をいただいた。お昼時で、ご飯まで頂いてしまった。親鸞聖人のこと、真宗の皆様のことなどいろいろと教えていただきました。ありがとうございました。新潟の真宗のかたは、本当に親切にしていただきました。