×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
川越波切の御名号 鈴木家 なみきりのごみょうごう すずきけ 2011/07/20 新潟県新潟市西区寺地940-4











欄間

鈴木さん家前の信濃川

法衣に身をつつんだ鈴木家のおばあさんに由緒などを教えていただく。おばあさんの一日は、毎朝早く起き、御名号の前で声を出して念仏を唱える。畑に行く時も念仏を唱える。毎日、毎日生かされていることに感謝、感謝の毎日とのこと。御先祖さまが、船頭をやっていて、縁があり、親鸞聖人の御名号を祀るようになった。代々うけついできた。おばあさんは、もともとは、新潟県でも雪深いところに生れ、比較的雪の少ない新潟市に嫁いできた。子供も大きくなり、今は念仏と、感謝により生活をおくっている。・・・と言われたような気がする。おばあさんにあって、数か月たってしまった。1時間ほど話をしていただきました。ありがとうございました。感謝であります。六字名号  南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)「南無」は、帰依する、ゆだねる、身を任すこと、「阿弥陀仏に帰依する」こと。 九字名号   南無不可思議光如来(なむふかしぎこうにょらい)十字名号  帰命尽十方無碍光如来(きみょうじんじっぽうむげこうにょらい)