石神社  いしじんじゃ  2011/07/08  茨城県那珂郡東海村石神外宿1 祭神 天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)  神石が御神体。御神体の神石は、日立市石名坂の大甕山の宿魂石の折石。むかし、星神香々背男という悪い神が宿魂石の上に住み、人々をまとめていた。天手力雄命は、天神の勅を受け、ここに降臨し祈念をこらした。石は三つに砕けた。石の頭部が飛んで石神社の神石となった。石名坂は、神石の下部、神石の中部は、石塚(城里町)にとんだ。星神香々背男(ほしのかがせお) 当時の先住民の長。常陸国久慈郡大甕山の東端に居住していて、太平洋に面する北日本一帯の制海権を握っていたらしい。天手力雄命 「手の力の強い男神」。腕力・筋力の象徴。



拝殿裏にブロックの塀で囲まれたところがある。御神体の神石が祀られているとおもわれる。

ブロックの塀をのぞいてみた。