×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
那珂湊反射炉跡 なかみなとはんしゃろあと 2011/06/05 茨城県ひたちなか市栄町1-10
神社

山上門。水戸藩江戸小石川邸正門右側の門。江戸後期に勅使奉迎のための門。

無縁堂



攘夷論者徳川斉昭により、1855年と1857年に1基ずつ完成。南部藩から製鉄の専門家大島高任のほか、宮大工の棟梁や瓦職人による。材料がなく、寺院の釣鐘まで使用したらしい。お寺に行くと評判がよくない。1864年、藩内抗争(天狗党の乱)の際,破壊された。1937年に復元。





反射炉裏



反射炉表

題字は、東郷平八郎の「護国」。

鉄製鋳造カノン砲

レンガ焼成窯。復元された、反射炉を作った際に使用したレンガを焼いた窯。