安良川八幡宮 やすらがわはちまんぐう 2011/06/04 茨城県高萩市安良川1173 祭神 応神天皇、神功皇后、日女大神。



総鎮守八幡宮。



市杵島神社(いちきしまじんじゃ)





























爺杉。推定樹齢1,000年。高さ約42m、幹回り約10m。



天満宮















国魂神社 神道祖霊社。「日の本に生まれ出でにし益人は神より出て神に入るなり」の石碑がある。古未より、生死は神のはからいによるものといい、人は神様から産まれ、神様のところへ戻る。







応神天皇(おうじんてんのう)  誉田別尊(ほむたわけのみこと)、大鞆和気命(おおともわけのみこと)。誉田天皇(ほむたのすめらみこと)、八幡大菩薩ともいわれる。武神、文教の祖神 。神功皇后(じんぐうこうごう)  仲哀天皇の皇后。応神天皇の母。なぞの多い人物。
日女大神(ひるめだいじん)  天照大神(あまてらすおおみかみ)の別名か?  伊弉諾尊(いざなきのみこと)の子。太陽の神格化。皇室の祖神。伊勢の皇大神宮に主神。市杵島神社(いちきしまじんじゃ)は、市杵島姫神(いちきしまひめしん)を主祭神とする神社。 市杵島姫神は仏教の弁才天と習合、通称で弁才天(弁財天、弁天)と呼ばれる。