鳥名木の館  となぎのやかた  2011/07/07   茨城県行方市鳥名木  鎌倉時代から室町時代の豪族、鳥名木氏の本拠地。三方を丘陵地の中の森林に囲まれた谷あいの、水が集まる土地だった。鳥名木氏は、常陸大掾の一族手賀氏の分流といわれる。1053年頃、鳥名木盛兼が築いた。現在、土塁、堀跡が残る。





門の中のコデマリ。













茨城県立歴史館には、鳥名木家に伝わる、鳥名木家文書、兜、旗指物、風呂敷、軍陣長襦袢などが展示されている。展示スペースも大きく取り上げられている。先祖伝来の、伝統を守り、平時もなお戦地に赴く日を忘れぬ中世武士の心構えを伝えると説明されている。震災により、母屋の下に亀裂が走り、ちょっと大変なことになっている。門の前の、坂になった路も、地震で変形したと鳥名木さんはいってられました。いろいろと教えていただきました。ありがとうございました。