×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
素鵞神社  そがじんじゃ   2011/05/07   茨城県小美玉市小川1658-1  祭神 建速須佐之男命(たけはやすさのをのみこと)   建速須佐之男命は、初めは、暴れ者。地上では英雄。素戔嗚尊(すさのをのみこと)   出雲系神統の祖とされる。伊弉諾(いざなき)・伊弉冉(いざなみ)のの末っ子。天照大神、月読命と共に三貴子(三貴神)の一人。粗野な性格から天の石屋戸の事件を起こす。地上に追放された。高天原を追われ地上に降り、八俣大蛇を退治。三種の神器の一つである草薙剣をその尾から取り出す。その時救った稲田姫を妻に迎え、出雲の地で暮らす。その後、母・伊弉冉尊の住む黄泉の国へと向かう。その子孫が大国主命。荒々しい程の力で災いを祓う悪疫退散の神とされ、併せて、五穀豊穣を願う。













稲田姫神社