瓜連城  うりづらじょう   2011/05/06 茨城県那珂市瓜連1222  1336年頃、南北朝騒乱があった。楠正成の一族、楠正家は、瓜連城を拠点に、北方方の佐竹氏と戦った。利なく敗れ、瓜連城は廃城となった。現在、お寺常福寺のあるところが本丸跡。土塁と堀がある。寺の裏側は、急な20mくらいの崖となっている。城の規模は、東西南北それぞれ700m程。











源太郎稲荷





源太郎稲荷には、「4匹の狐」のはなしがある。 むかし、4匹の兄弟狐がいた。1番目は、源太郎狐。2番目は、甚二郎狐。3番目は、紋三郎狐。4番目は、四郎介狐。兄弟ではない、ほかの狐が人をだましたり、畑を荒したり、いたずらをして人々を困らせていた。4匹の兄弟狐は、罪滅ぼしに、兄弟力を合わせ、神通力により、人間に協力することにした。源太郎狐は、「長男だから、本家のこの里を守る。川を守る役に付く。」甚二郎狐は、「野を守る。」 紋三郎狐は、「山を守る。」 四郎介狐は、「東の海を守る。」4匹の狐は,川・野・山・海を昼も夜もかけめぐり、人々のために活躍した。源太郎狐は、川の魚などをふやした。甚二郎狐は,田や畑を開き五穀を豊かに実らせた。紋三郎狐は、土・砂・石のあるところを示した。四郎介狐は、海の魚の居場所を知らせたり、人の命を守った。兄弟狐により、人々の生活は、暮らしやすくなった。人々は、4匹の狐を尊敬するようになった。各地に城が建てられると、4匹の狐は、城の守り神として祭られた。源太郎狐は「瓜連城」 甚二郎狐は「米崎城」 紋三郎狐は「笠間城」 四郎介狐は「湊城」の守り神となり、稲荷神社に祭られた。・・・というはなし。(那珂市商工会ホームページによる。)