×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
北向地蔵尊  きたむきじぞうそん   2011/05/05    茨城県筑西市西町甲142番地



言い伝え
江戸時代、奥州からの旅人が、下館にきたときに旅の疲れで発病した。
親切な茶屋の人に介抱された。
旅人は、奥州に向かい朝な夕な妻子の名を称え、手を合わせ祈った。
しかし、やがて亡くなった。
地元の人々は、旅人の供養のため奥州に向けて地蔵様を祀った。
(説明板より)