×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
波切不動尊  なみきりふどうそん   2011/05/05  茨城県筑西市荒町乙607番地  海上の風波を鎮める不動尊。空海が入唐の時、唐の高僧恵果阿闍梨(けいかあじゃり)から材を得て、不動明王を刻んだのが始まり。空海が唐から日本に戻るとき、暴風雨にあい、その時、不動明王に祈ると、波涛 を切って勢いを退けたことから「浪切不動」の名がついた。(説明板より)